ブログ

厨房機器は、専門の買取業者に売却し、次のステップの準備金をつくろう。

Pocket
LINEで送る

最近の不況でなじみの店が久しぶりに訪ねていくとつぶれていたりすることがあります。
特に飲食店の場合、その傾向は大きいような気がします。
私が会社の営業で回る兵庫県には、飲食店が沢山あるので、仕事中に食事をさっととるために立ち寄ることがあるのですが、店が変わっていることがあってびっくりすることがあります。
先日は、丁度店を閉めるための準備をしているところに出くわしました。
改装工事があるので、そのために中に設置してあった厨房機器を搬出する必要があり中型トラックが来て、他のテーブルとか椅子と一緒に山積みにされていました。所謂廃却物扱いでした。これはかなりのお金をはらって引き取ってもらっているのです。
その廃却物の中に、昨日までお客さんに出すための調理に使っていた業務用の厨房機器が4セットもありました。
いやいや勿体ない話です。我々、厨房機器買取業者からすると宝の山が捨てられている気持になりました。
確かに閉店、改装、引っ越しという一連の流れはこなすだけで大変で、廃却業者に一括でかたづけてもらうほうが一番です。
しかし、廃却物の場合有料です。それもかなりします。一方買取の場合まとまった現金が返ってきます。
そのプラスマイナスを合わせると次のステップでの準備金が出来上がるのです。これは利用しないと損です。
飲食店を閉める、移転する場合は、段取りを工夫して厨房に使っていた機器は売却するべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




* * * * * * * * * * * ホシザキ電機株式会社,三洋電機株式会社,オザキ株式会社,中西製作所、ニチワ電機,株式会社アイホー,日本調理機株式会社,株式会社マルゼン,タニコー株式会社,株式会社フジマック,サンデン株式会社・・・・など

出張買取サービスエリア

* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県

* 対応エリア:愛知県岐阜県三重県静岡県

* 対応エリア:大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

ページ上部へ戻る